水分補給のポイント

人間が生きていくために必要な成分はたくさんありますが、その中で最も重要と言えるのが水です。人間の身体はその大部分を水が占めており、特に赤ちゃんは保有する水分量が体重の約80%を占めると言われています。水分補給のタイミングや飲み方のポイントを押さえ、毎日の生活に必要不可欠な水を効果的に摂取しましょう。

水分補給は喉が渇く前に

体内にある水分は汗や尿、便などによって、体外に排出されています。この際、水分が1%欠乏すると人間は喉の渇きを感じ始め、水分の欠乏率が高まると喉の渇きがより強まり、ふらつきや眠気、吐き気などの症状が現れてきます。そして水分が10%以上失われると筋肉の痙攣などが起き、20%を超えると死に至るおそれがあります。水分の欠乏によるリスクを避けるためにも、こまめに水分を補給することが大切です。

一気飲みは避けよう

暑い時期やスポーツの後などは喉の渇きを潤すため、つい水を一気飲みしてしまうことも少なくありません。しかし、一気飲みでは水分がきちんと吸収されず、そのほとんどを排泄してしまいます。それどころか過剰に摂取したことで、血液中のナトリウムイオン濃度を低下させ、頭痛や吐き気、痙攣などの水中毒症状を引き起こす原因となります。健康と安全のためにも、一度に飲む量はコップ1杯(約200ml)程度を目安に、ゆっくり噛むように飲みましょう。

冷たすぎる水に注意

冷たい水は喉の渇きだけでなく、全身を潤すような感覚があります。しかし、あまりにも冷たすぎる水は血管を収縮させ、血行不良に陥る危険性もあるので注意が必要です。

当社ではアルカリイオン水を手軽に作れるウォーターサーバー「海人ぬ宝」をご提供しております。ウォーターサーバー海人ぬ宝は、ご家庭用にぴったりな「ポータブル」タイプ、温水・冷水どちらも使用可能な「温・冷サーバー」タイプの2種類からお選びいただけます。松山市や今治市はもちろん、遠方にお住まいの方もお気軽にお問い合わせ下さい。