効率良く水を飲もう

普段、何気なく飲んでいる水は飲み方に工夫を加えると、効率的に水分を体内に吸収させることができます。こちらでは効率の良い水の飲み方についてご紹介します。

1日に必要な水分量

飲み方のコツとしてまず押さえておきたいのが、1日に必要な水分の量です。一般的に食べ物から得る水分を除いて1.5リットル以上の水分補給が必要と言われています。しかし、大量の水を一気に飲むと、体に大きな負担がかかってしまいます。1回に飲む水の量はコップ1杯程度(約200ml)で、1日に6回〜8回に分けて飲むことで、1日の必要量をしっかり補給することができます。

起床時に1杯

起きていると汗をかくことが多いですが、実は眠っている間も人間はたくさん汗をかいています。だいたいコップ1杯程度の汗をかいており、多い人だとペットボトル1本分(約500ml)の汗をかくケースもあると言われています。起きた時に喉の渇きを感じるのは、大量に汗をかいたことが原因なのです。体内の水分が不足している状態なので、きちんと水分を補給することが大切です。

就寝前の1杯

上述したように、眠っている間にも水分は失われています。夜間のトイレが心配で就寝前の水分補給を避ける方も少なくありませんが、不足分の水分を補うためにも飲むことをおすすめします。この際、利尿作用のあるお茶やコーヒーなどの飲料は避け、水を飲むことがポイントです。

入浴前後の1杯

入浴中は体内の余分な水分や老廃物を、汗と一緒に排出することができます。入浴前にコップ1杯程度の水分を補給することで、より汗がかきやすくなり老廃物も排出されやすくなります。入浴後の水分補給はよく聞かれますが、入浴前も水分補給を行うことをおすすめします。

お酒を飲む時は

食事と一緒にお酒を楽しむ方も多いと思います。お酒を飲むとトイレが近くなったり、やたら喉が渇いたりすることがあります。お酒に含まれるアルコールが原因で、気づかないうちに体が脱水状態に陥っていることも少なくありません。お酒を飲む時は飲む前後だけでなく、飲んでいる最中も意識的に水を飲むことで、悪酔いや二日酔いなどの回避に繋がります。

松山市にある当社では、ウォーターサーバー海人ぬ宝の販売・レンタルを行っております。水道水を注ぐだけで、手軽にミネラルたっぷりのアルカリイオン水を作ることができるウォーターサーバーです。松山市や今治市だけでなく、遠方のお客様にも対応いたします。お気軽にお問い合わせください。