長生きを祝福する長寿の祝いとは

長寿のお祝いとは

日本には古くから様々なお祝いごとがありますが、その中でも長寿を祝福するお祝いには、還暦や古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿などがあり、子供や孫と共に盛大にお祝いします。長寿を祝うだけではなく、周りの人達が長寿にあやかるためのお祝いでもあります。
昔は数え年で祝っていましたが、近年では満年齢で祝うのが一般的となりました。

 

長寿祝いが始まった背景

長寿のお祝いは元々中国の風習でした。日本では奈良時代に取り入れられましたが、当初は数え年40歳に「四十の賀」、50歳に「五十の賀」、60歳に「六十の賀」というように40歳以降に10年ごとにお祝いをしていました。しかし、室町時代になると、現代のように還暦や古希、喜寿といったお祝いが行われるようになりました。

 

長寿のお祝いの色について

長寿のお祝いには、それぞれ色があります。まず還暦の色は赤となっています。還暦には赤いちゃんちゃんこを贈ることが知られていますが、これは61年になると生まれた年と同じ干支になるため、赤ちゃんに還ることから、赤いちゃんちゃんこや赤い頭巾が贈られるようになり、赤が還暦のお祝いの色になりました。
また、その他のお祝いにも色があり、古希や喜寿には紫や紺、傘寿や米寿は黄色、白寿は白と決まっています。

 

現代の長寿のお祝い

長寿のお祝いをする年齢になったとしても、現代では昔と比べて現役で活躍している人が多くいらっしゃいます。人によっては高齢者扱いを嫌う方もいらっしゃるため、お祝いの仕方は各家庭によるものになってきています。
また、お祝いに贈る記念品も少しずつ変化しており、昔の還暦には、ちゃんちゃんこなどの赤い服が贈られていましたが、近年では、赤色のネクタイやハンカチなど、赤色をした実用的なものが好まれています。そして、還暦や喜寿などお祝いの名称が刻まれた食器やトロフィー、置物といった記念品や、ガラス加工された記念品、ご本人の趣味や好みに配慮した記念品が喜ばれています。