サンゴと水の関係

沖縄の海は青く綺麗で多くの人々を魅了しています。この美しい海が保たれているのはサンゴの働きも関係しているのです。こちらでは、そんなサンゴと水の関係についてご紹介します。

 

サンゴは海のミネラル

サンゴには、カルシウムをはじめとしてマグネシウム、ナトリウム、カリウムといった様々な成分が含まれています。このことから美しい南国の海に生息するサンゴは、海の天然資源といえます。そのため、沖縄では黒糖の製造過程や、雨水のろ過に用いることがあり生活に密着した存在でもあります。

 

沖縄とサンゴの関係

沖縄の海が綺麗な理由の一つに、サンゴ礁の働きがあります。サンゴ礁は沖縄の暖かい海で育まれ、天然のフィルターの役割をしていて、サンゴ礁を通して海水は浄化されています。また、沖縄の南西諸島はサンゴでできた島々であり、そのサンゴ層を通された水には、カルシウムなどの多くのミネラルが溶け込んでいます。
サンゴに入っている天然のミネラルは、健康や長寿に対してかなり有効だと分かってきていています。そのため、そのサンゴを通して天然のミネラルがとけたサンゴの水を毎日意識せず自然と飲んでいる、沖縄の方々には長寿が多いのではないでしょうか。

 

当社から、このサンゴの働きを利用したウォーターサーバーのレンタル・通販での購入ができます。ご家庭で気軽に使用できますので、健康が気になる方などにもこのウォーターサーバーをおすすめします。
生活のあらゆる用途に使えるポータブルタイプや、温水・冷水が使えて便利なサーバータイプなど場所や用途に合わせた様々なウォーターサーバーをご利用いただけます。水道水を入れるだけですので、ご自宅などで簡単にご使用いただけるのが魅力です。ぜひ、興味をもたれた方は一度お試し下さい。