ウォーターサーバーの歴史

現在では、宅配ボトルなどを使用したウォーターサーバーは、オフィスや店舗だけではなく一般家庭にまで普及しています。ウォーターサーバーが日本の一般家庭へ普及し始めたのはここ数年のことですが、ウォーターサーバーには実は長い歴史があります。
こちらでは、ウォーターサーバーの歴史についてご紹介していきます。

 

ウォーターサーバーの誕生

1910年代のアメリカで、ろ過装置つきのウォーターサーバーが誕生しました。アメリカ南西部は乾燥した気候であったため、その当時水を確保するには、多くの時間と労力をかけて遠くの土地から水を運んでくる必要がありました。そのため、当初のウォーターサーバーは「労力をかけずに確保できる」という点での需要が大きかったようです。
1930年代に入るとウォーターサーバーのような水を運ぶシステムが、水道水の確保が難しい地域を中心に、より盛んになっていきました。

 

日本でのウォーターサーバー

1930年代にアメリカではウォーターサーバーが普及していましたが、日本でウォーターサーバーが注目されるようになったのは、1980年代に発売開始された、ミネラルウォーターがヒットしたのがきっかけです。
発売当初は、日本では天然水などの水に対しての関心が薄かったため、人気が伸びなかったようですがその後、猛暑による渇水がおきたため自宅に飲料水を確保する目的で、ミネラルウォーターの需要が高まりました。
それと同時に日本でのミネラルウォーターの認知が高まり、ウォーターサーバーも徐々に普及し始めることになります。

 

当社のウォーターサーバーを使用すると、ご自宅で天然サンゴミネラルを含んだおいしいお水をいただくことができます。ボトルの宅配などの面倒も無く、ご自宅の水道水を利用することによって気軽にご利用できます。
当社では、ウォーターサーバーの通販とレンタルを行っています。ミネラル豊富でおいしい水を、ぜひお試しになって下さい。