社長の独り言

浄水器・ウォーターサーバーを中心に事業展開をどのように発展させるか悩みつつも、ついつい会社事業を趣味に絡めてしまう困った社長の日常

Amazonに出品させて頂きました。

Amazonに出品させて頂きましたが、一部の商品は登録はしたもののやむなく出品中止

弊社取扱い製品(海人ぬ宝)にJANコードが採番されましたので、以前から気になっていたAmazonに出品させて頂きました。

が、勉強不足で、一部の商品はカタログ登録までしたにも関らず出品をやむなく中止となりました。

というのは、

Amazonの手数料は、食品・健康食品などは販売手数料が10%必要となりますが、この販売手数料は、送料+商品代金に対して計上されるんですね。

その結果、商品代金が低価格でも送料が必要な商品は、発送先によって、手数料が商品代金すら上回る結果となってしまいました。

どうしても、出品したい場合は、送料に手数料を見越した上乗せをする方法はありますが、上乗せが不要な商品の送料も上がってしまいます。

悩ましい。

 

例えば、220円の商品の送料が2000円必要になる場合、手数料は、(220+2000)*.1=222円。

これでは、原価率0%の商品があったとしても、赤字となります。

が、送料を2200円(+10%/200円上乗せ)とすることで、手数料は、(220+2200)*.1=242円となり、原価が178円以下なら赤字にならない計算になります。

商品個別で送料の設定ができると良いのですが、Amazonでは個別には設定できませんので、ショップで設定している共通の送料に+10%すれば、通常原価率80%以下ってことはないので、大雑把に商品代金200円以上の商品を出店しても赤字をさけることができる計算となります。

 

愛媛からだと、送料が高くなる沖縄と北海道への送料で赤字にならないか最低限計算しておかないと痛い目をみることになります。

ほかのショップもクレジット決算手数料は、送料も込みとなるので、注意が必要.....いまさらだが、もう一度見直そう。。。。。

Yahoo!だとモバイル決済の4.48%が要注意。。。。